前の説明(概要) | 次の説明(システム稼働環境)

システム形態

お客さまのニーズにより様々なシステム形態をとることが可能です

   EasyServletは、オープン環境からホスト環境をサポートし、更に言語もJavaCOBOLをサポートしております。
  下図に示すシステム形態や、その組み合わせにより現在流通している様々なシステム形態をサポートすることができます。



Javaでビジネスロジックを組み込む場合

   EasyServletから自動生成されたJavaトランザクションクラスに、ビジネスロジックを組み込んでシステムを完成させます。
  JDBC経由でDBアクセスを行うクラスをEasyServletで自動生成し、組み込むことができます。
  (Oracle、Symfoware、MySQL、PostgreSQLに対応)






COBOLでビジネスロジックを組み込む場合(オープン系)

   EasyServletから自動生成されたCOBOL雛形に対してビジネスロジックを組み込んでシステムを完成させます。
  DBアクセスを行うサブルーチンをEasyServletで自動生成し、組み込むことができます。(Oracle、Symfowareに対応)

   ※ 本形態の場合、富士通Interstage、NetCOBOLが必要です。





COBOLでビジネスロジックを組み込む場合(富士通汎用機 GS/PFシリーズ)

   EasyServletから自動生成されたCOBOL雛形に対してビジネスロジックを組み込んでシステムを完成させます。
  DBアクセスを行うサブルーチンをEasyServletで自動生成し、組み込むことができます。(Symfowareのみ対応)
   このとき、汎用機側の環境構築に必要な定義ファイル(JCL、ADL等)も自動生成されます。

   ※ 本形態の場合、富士通Interstage、Interstage for GSが必要です。





既存ホストアプリをそのまま利用(Interstage Host Access Service連携)

   富士通Interstage Host Access Serviceと組み合わせることにより、富士通ホストで構築しているエミュレータ業務の
  資産に手を加えることなく、EasyServletによる自動生成により既存ホスト業務のWebラッピングすることが可能です。

  【EasyServlet Interstage Host Access Service連携機能イメージ】
   


  EasyServlet+Interstage Host Access Serviceを利用することにより、

   ● ホスト資産に一切手を加えることなく、ノンプログラミングで、
   ● 御社、営業様や取引先様にブラウザ搭載パソコンとインタネット接続環境さえあれば、
   ● ホスト業務を遠地にて操作することが可能です。

  また、従来のブラウザ型エミュレータと違い以下の特徴があります。

   ● マウスを使うことなく、ファンクションキーやフル桁入力での項目自動移動等の既存エミュレータ操作が
     Web画面で再現できます。
   ● 自動生成されたJava部分にJDBCアクセス等の手を加えていただくことで、
     ホストデータ+オープンDB情報を一つの画面に表示することが可能です。
   ● 将来的にEasyServlet資産を生かし、自動生成された「Interstage Host Access Service」API発行部分を
    JDBCロジック、またはオープンCOBOLによるDBアクセスロジックに変更することで完全オープン化を実現することができます。



  【既存のホスト画面イメージ】
   


  【EasyServletによるWebラッピングされた画面イメージ】
   EasyServletでWebラッピングされた画面は、ファンクションキー等の従来のエミュレータ画面の
  操作性は完全に再現されます。
   また、ホストから通知される属性値(赤色等の項目情報)もそのまま再現可能です。

   





クラサバアプリとの連携(サーブレットGW自動生成で既存資産のSOAを実現)

   VB.NETアプリ等のクラサバアプリEasyServletの提供する連携APIを使用し、自動生成されたサーブレットを介して、
  ホスト環境に構築されたCOBOL等にアクセスすることが可能です。

   1. VBや、VB.NETアプリからEasyServletから連携APIを使用する形態です。
   2. ASP.NETアプリからEasyServletから連携APIを使用する形態です。
   3. VBスクリプト、WSHからEasyServletから連携APIを使用する形態です。
   4. Javaアプレットから連携APIを使用する形態です。


前の説明(概要) | 次の説明(システム稼働環境)