前の説明(汎用機COBOL資産を利用したいお客さま)|次の説明(Interstage Host Access Service連携)

オープン化へのソフトランディング

ソフトランディングシナリオ

   汎用機のお客さまが、将来的なオープン化へ向けた取り組みを考える場合、まずマイグレーション等の手法を検討されますが、
  以下の問題に直面します。

    ●全資産を一斉移行するとなると、膨大な費用が必要
    ●現状資産をそのままマイグレーションするとなると、利用者メリットがなく投資対効果に欠ける
    ●大体において、技術的な問題が発生し、更に多くの費用を費やしてしまう。

   そこで、汎用機とオープンを併用した段階的で緩やかなオープン化手法である、ソフトランディング手法をご提案します。
   EasyServletを利用したソフトランディング手法でオープン化することで、
   汎用機COBOLのお客さまが徐々に無理なくご自身の戦略に沿ったオープン化を行うことができます。

【ソフトランランディングシナリオ】


前の説明(汎用機COBOL資産を利用したいお客さま)|次の説明(Interstage Host Access Service連携)